おのフェス2018’

10.27

いつも、ご購読・ご愛飲いただきありがとうございます。

この時期、一番いいですね。花粉もないし、黄砂もない。一番過ごしやすい時期じゃないかと思います。

今年は、初めて「おのフェス」という小野市で行われている、産業フェスティバルに出店してきました。

 

 

クリクラ西脇としては、3回目の産業フェスタとなりました。

 

今回、友松君(22歳)もイベントは初体験。そして、尼崎から助っ人に来てくれた渡辺さんも参加しての2日間が始まりました。

 

前日から、搬入して準備を進める長澤君と、友松君。

テキパキと、作業を進めていきます。

そして、お隣には僕の大好きな刀削麺の専門店「笑仁。」さんも出展されていました。

行ってみたい方は↓

https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280404/28038537/

食べログのページへどうぞ。おいしいですよ。ほんとに!

こんな感じで、1日目スタートです。

この日の助っ人は、さっきも言いましたが尼崎の愛ちゃんこと渡辺愛さんと事務の足立さん、そして朝刊業務を終えて駆けつけてくれた正義君です。

僕は、加古川まで渡辺さんを迎えに行っていたのですが、正義君と足立さんは会社で今日のイベントトークのロールプレイングとしてきたとのこと。

どうだったかと聞くと、正義君は全く練習してこなかったみたいで、話にならなかったとか何とか(笑)

それでも、イベント中はずっとニコニコ。眠い中、ご苦労様でした。

1日目のメンバーです。左上から、友松君、正義君、私、長澤君。左下から渡辺さん、足立さんです。

 

そして、2日目は、クリクラの地域担当の黒崎さんと、昨年も助っ人に来てくれた松岡さんです。

さすが、黒崎担当。的確なアドバイスをみんなに指摘されていました。

 

黒崎担当、昨日までは博多で、この次の日には四国と、ハードスケジュールのなかイベントに参加していただきありがとうございました。

 

目標としていた数字には届きませんでしたが、また新たな課題も見つかり次へつながる有意義な2日間でした。

スタッフ、助っ人の皆様ほんとにお疲れさまでした。

そして、この2日間に立ち寄ってくださった方、ありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
吉田 旭伴
1978年兵庫県西脇市生まれ。学生時代は東京。そして8年間、大阪で過ごした後、30歳を機に今の仕事に転職。 南は明石、北は浜坂と様々な販売店を経験し、2017年に故郷の西脇に戻り、新聞販売店の可能性を探しながら、いろんなことに挑戦しています。
吉田 旭伴

最新記事 by 吉田 旭伴 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る