卒業式

03.26

3月と言えば、卒業のシーズン。

うちの長男も、小学校を卒業しました。

卒業式の少し前に「小学校の6年間は早かった?長かった?」と尋ねると

「早かった」と返ってきました。

楽しいことって、時間が過ぎるのも早いですよね。

きっと、楽しい6年間だったんだろうと思います。

そんな、6年間を過ごさせていただいた学校関係の方に、感謝でいっぱいです。

でも、息子の担任の先生が今年度を最後に先生をやめると聞きました。その先生とは、そんなにお話もしたことがないですが

僕の勝手な想像で書きたいと思います。

 

出る杭は打たれる??

 

私のおじいさんは学校の先生でした。

もう、めちゃめちゃ怖いし短気だし。そんなことから、どこかで先生って特殊なものだという

イメージがあったのかもしれません。

小学校1年生の時は、担任の先生が嫌いでよく休んでいたことは覚えています。

冷たい感じの人でしたね。

僕が学校の先生が苦手な理由がもう一つあります。

それは、人と違うことをすることを嫌うということです。

僕が、教職員免許を取れる学校にいたのに、取らなかった理由はそれです。

「絶対に、窮屈すぎて耐えられないだろうな」と思っていたから。

 

小学校3年からは、少年野球のチームに入り、野球漬けの毎日でした。

そのチームの監督、コーチもめちゃめちゃ怖いひとでした(笑)

怒られるのが怖くて、野球を楽しむなんて微塵も感じたことなんてありませんでした。

大人というだけでも、威圧感があるのに、先生や監督となればさらに権力がありますよね。

今思えば、個人の意見や主張なんて言える状況ではなかったと思います。

 

 

出過ぎた杭は打てない

 

息子の担任の先生は、保護者からはあまりいい様には言われていませんでした。

中には、会話の中で呼び捨てでいう方もいらっしゃいました。

 

多分、他の先生よりも飛び出ていたんだと思います。

 

でも、子供にその先生の事を聞くと、「〇〇先生、めっちゃいい」って言うんです。

子ども達から、大人気の先生です。

 

きっと、子供たちのほうを向いて接してくれているんだと思います。

 

どこを向いて仕事をするかで、全く違う。

 

この先生は、先生をやめて次はどうさせるのか分かりませんが、教育関係の仕事だということを聞きました。

こういう先生が、やめられるのは本当にもったいないですが、また違う形で学校教育を支えてくださることを

願っています。

 

そして、打てないぐらいに飛び出してほしいと思います。

それでは、よい一日を。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る