慣れるのいいとこ?悪いとこ?

09.16

事務職を兼任して、4ヶ月ほどたちました。やっと、新しい事務員さんを採用して、来週から来てくれることになりました。

流石に、4ヶ月すると慣れて来ました。

よく、慣れた頃がミスなど起こしやすくて危険だとか言いますよね。

今日は、慣れるって事に対して考えたいと思います。

 

 

慣れることは、いいこと?


僕は結構、筋トレが好きでした。

筋トレって、ある程度の強度でやり続けるとやめれなくなるんです。

わかりやすく説明すると、ドミノを丸一日かけて作って、一週間放って置いたら全部潰れているって感じです。

やった努力がサボると、無くなってしまうんです。

だから、筋トレをした時間をムダにしない様に、また次のトレーニングをします。

でも、同じ内容をしていると、刺激が無くなるんです。

要するに、慣れてしまいます。

フルコンタクトの空手もやっていましたが、初めは青アザだらけになっていましたが、ある頃からアザが出来なくなっていくんですよね。

不思議です。

初めてのことは、緊張しながら頭をフル回転させながらやると思いますが、、慣れてくると体が覚えていますから

そんなに集中しなくてもやってできるようになっていきますよね。

 

 

強いストレスは人の能力を伸ばす


仕事でも、筋トレでも、空手でも、人間はある程度ストレスを受けると慣れる様です。

 

現に、4ヶ月ほど前は慣れない大量の事務仕事をやりながら他の仕事もやって、余裕もなかったのですが、今は少し自分の仕事もできる様になって来ました。

 

筋トレやランニングもある程度やると、あんだけしんどかったことが、普通になります。

あれだけ、練習の後痛かった空手も痛くななります。

慣れるってすごいですよね。

 

でも、慣れるには一つだけ重要なことを発見しました。

 

それは、慣れるには、それなりに継続して、ある程度本気でやらないといけないということです。

 

そうなんですよね。

 

慣れない仕事をたまにするから、頭がついていかない。

 

慣れない筋トレをたまにして、次の日筋肉痛でうごけない。

 

たまに空手をして、たまにしかしないから毎回痛くて嫌になる。

 

などなどです。

 

でも、続けてやる事によって何をするにも絶対に慣れると思います。

 

「慣れる」の悪いパターンは、慣れてしまって、飽きてしまう人。

 

このタイプの人、僕が見てて結構多いです。

 

慣れると、そこで止まってしまう人と、慣れたらまた、次のステップに向かっていくひと。

「慣れる」には、いいとこと、悪いとこがあるみたいですね。

 

それでは、良い一日を!

The following two tabs change content below.
吉田 旭伴
1978年兵庫県西脇市生まれ。大阪の某テーマパークで8年間火だるまになり、水に飛び込みスキンヘッドになり、そんな仕事から、30歳を機に新聞販売業に飛び込んだ。そこから、7年間いろいろな販売店で様々な人と仕事をしてきた中で、感じたこと、学んだこと、失敗したことを発信していきます。そんな中で、夢新聞と出会い自分の仕事観、人、家族に対する考え方も影響を受けました。 そんな夢新聞認定講師としても活動しつつ、いろいろなことに挑戦中です。
吉田 旭伴

最新記事 by 吉田 旭伴 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る